法律の知識を様々な場所で使える司法書士の仕事

司法書士の仕事は不動産や会社の登記を行う登記業務など、法律にのっとって書類を作成する手続きを行うことが主な仕事です。
司法書士が作成する書類には登記関連の書類の他にも裁判所に提出する民事訴訟に必要な訴状や相続放棄、様々な申立書の他、支払督促や強制執行についての書類の作成も行っています。
しかし現代では司法書士の主な業務は書類作成だけでなく、更に広がりを見せています。
その1つとして、認定司法書士の資格を取った司法書士は、簡易裁判所で扱う訴訟額が140万円以下の民事事件で依頼人の代理として調停や和解交渉をすることができるようになりました。
こうした業務の広がりにより、日常生活で起こる少額の訴訟や過払い金の返還請求などでも司法書士事務所が参入できるようになりました。
その他、成年後見制度や遺言書の作成などの書類作成や手続きも司法書士の仕事です。
社会の変化に伴い、今後もますます法律を扱う司法書士の仕事の幅や活躍の場が広がることが予想されます。