仕事の幅が広がってくる法律系の国家資格

国家資格と一口に言っても、その種類は様々な分野に及びます。
医師や看護師、薬剤師といった医療系の資格や建築士、土木施工管理技師などの技術系、美容師や理容師といった美容系も国家資格にあたります。
その中でも、弁護士や司法書士、行政書士などの法律を扱う仕事は就職や転職、独立開業などに有利なため人気のある資格です。
それらの国家資格の中でも特に司法試験や公認会計士試験、司法書士試験は合格するのが非常に困難な資格としても知られていますが、こうした資格を持つことで不況の時代でも安定した収入を得ることも可能です。
司法書士の主な仕事は不動産や会社の登記を行うことですが、法律の改正により簡易裁判所での民事事件に依頼人の代理として訴訟や和解交渉を行うこともできるようになりました。
また、国や市町村などの行政機関に書類を提出する行政書士の仕事も新しく法律ができると需要が増えていきます。
社会の変化によって求められる仕事も変わってくる法律系の国家資格は様々なところで求められる重要な資格と言えます。